Q&A

HOME
02 24
2017

その他の情報

名古屋名物

こんにちは、奥川です。

早いもので2月ももう終わりですね。
暖かくなったり寒くなったり、気候は不安定ですが
少しずつ春に近づいているのかな…と期待する毎日です。


先日お休みをいただいて、遠方に住む友人と名古屋名物を楽しんでまいりました。

名古屋と言えば、
あんかけスパゲッティ、小倉トースト、鉄板ナポリタン、台湾ラーメン…
など他の地域にない個性的なグルメが豊富ですよね。

友人と相談した結果、「味噌煮込みうどんとひつまぶしを食べよう!」となりました。


まずはお昼に味噌煮込みうどん専門店に行きました。




愛知県出身ではない私、実はこの日が初・味噌煮込みうどんだったのですが…
濃厚な味噌つゆに少し硬めのうどんがマッチしていて、とっても食べ応えがありました。

夜に備えて単品で頂きましたが、ご飯も一緒につけたら
もっと楽しめたかもしれない…と少し悔やんでいます。


夜ご飯は少し贅沢をしてひつまぶしをいただきました。




市内のうなぎ料理店は色々と行ったことがありますが、こちらは初めて行くお店でした。

店内は蒲焼のいい香りが漂っています。
外はパリッと香ばしく、中はふわふわなうなぎ、とても美味しかったです。


私はうなぎが大好物なので、昔は「毎日でも食べたい!」と思っていたのですが
最近は大人になったのか、たまに食べるからこそ
よりいっそう美味しく感じるのかもしれない…と思うようになりました。


この日は場所の都合で名駅・栄エリアのお店を選びましたが
大須にも美味しい味噌煮込みうどんやうなぎ料理店がたくさんございますよ。

味噌煮込みうどんで体を温めて、うなぎでスタミナをつける…
なんてこの時期にぴったりのツアーが楽しめます。

まだまだ寒い日が続きますので、しっかり栄養を摂って健康に春を迎えたいですね。


大須にお出かけの際には是非万松寺にもお立ち寄りください。
萬松寺 納骨堂はいつでもご見学を承っております。

ご供養についてのご質問、ご相談等も
下記フリーダイヤルまでお気軽にお問合せ下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

フリーダイヤル⇒0120-157-594
関連記事
スポンサーサイト
02 17
2017

その他の情報

蓮華

こんにちは 池田です。

寒暖差が激しくなっておりますが、体調お崩しになられていませんか?
2月も半ばまで過ぎました。
暖かい春がやってくるのが待ち遠しいですね。

春といえば、私が一番に頭に思い浮かべるのが 「お花」 です。
今頃で考えると、冷たい空気の中 早々に凛と咲く梅の花や
「幸せを招く」 という花言葉を持つ福寿草。
春の香りで大好きな、色とりどりのスイートピーやフリージア。
王道の桜の花も、毎年本当に楽しみです。

そして余談ですが、私の娘の名前にも「花」の一文字をいただいております。

瑞雲閣へお参りにいらっしゃるお客様も、季節ごとのお花をお供えされていかれます。
それぞれ誰かの事を想って持ってこられるお花は
とても綺麗で、見ている私まで癒されます。

先日 その中に固いつぼみがいくつも付いた枝がありました。
どんな花が咲くんだろうと楽しみにしていたある日の朝、なぜか枝の裏側に
可愛い黄色の花を咲かせていました。

「もう 咲かないかな?」
諦めかけていた矢先の出来事だったので
とても嬉しかったです。
お供えされた方に 「とうとう咲きましたね!」
と、思わず心の中で語りかけてしまいました。

万松寺でもお供え用のお花を買う事が出来るようになりました。
「フラワーショップ 蓮華」 という屋号で
とても瑞々しく美しいお花をたくさんご用意しております。
故人様の為に、ぜひ素敵なお花をお選び下さいませ。



万松寺 瑞雲閣では、そんな素敵なお花をお供えして頂ける
お仏壇型の納骨壇をご用意しております。

皆さまのパーソナルスペースとして喜んで頂いております。
残基も残り少なくなって参りました。
ご検討中のお方や、まだご覧になっていらっしゃらないお方も
ご見学はいつでもして頂けますので
お気軽に下記フリーダイヤルまでお問い合わせ下さい。

お待ちしております。

フリーダイヤル0120-157-594


関連記事
02 11
2017

その他の情報

徳川園

こんにちは、若林です。
天気予報では本日も雪の予報ですね。
最近ニュースで徳川園の牡丹の紹介をしていました。
わらぼっちというわらで出来た帽子のようなもので寒さから守られ、
大輪の花を咲かせた冬牡丹がとても綺麗でした。

実は少し前に徳川園に行く機会がありました。
ですがその日は休園日で、お庭を見ることができず。。
ランチだけして帰ってきました。



昔に応募した抽選で当たったペアランチです。
もう少しで有効期限が切れてしまうところだったので、
慌てて行って参りました。



大きなお庭を眺めながら食べるランチはとても美味しかったです。
ひとつひとつの料理が繊細で緊張しながら頂きました。

寒い毎日だと、お家で過ごすことが多くなりますが、
外に出てみるといろいろな発見がありますね。
四季の移り変わりや少しずつ暖かくなる陽射しなど、
今しか楽しむことが出来ないものを
もっと見つけていきたいと思いました。
皆様も見つけてみてくださいね。

大須商店街にお出かけの際には是非万松寺にもお越しください。
万松寺納骨堂はいつでもご見学いただけます。
見学予約、資料請求、その他お問い合わせなど
お気軽にお電話ください。

フリーダイヤル 0120-157-594




関連記事
02 03
2017

その他の情報

節分

こんにちは。粟野です。

今日は節分ですね。万松寺でも節分会が行われます。

万松寺 節分
※2月2日撮影しました

私は昨年、万松寺で節分の祈祷を受けました。

お坊様が経典をパラパラとめくり最後に肩と頭にポンっと経典を
置いていただけます。この動作は「転読」と言いい、
大般若経を全巻読んだ事になるそうです。

この経典の風を受ければ、1年間病気にならないと
されるご利益もあるそうですよ。
そのためか、去年は風邪ひとつかかりませんでした。

そして、御祈祷の後に、豆まき。
「福はぁ~内」、「鬼はぁ~外」と豆をまきます。

万松寺 節分
万松寺 節分
万松寺 節分
※2月3日撮影しました。

節分の豆まきは、子供の頃の思い出と重なって
大人になってもなぜか心躍る楽しい行事ですね。


今年の恵方は北北西。
あま市の甚目寺が今年の恵方観音となります。
私の旦那様が前厄という事で、甚目寺の節分前夜祭に行って祈祷してまいりました。

甚目寺 節分 本堂
※鳳凰山甚目寺 本堂 です。

甚目寺 節分 あまゾネス
※あま市商工会議所公認キレキャラ ”あまゾネス” と遭遇。
 SM女王?ムチの代わりにあま市の特産”ねぎ”を持ってます。
 ゆるキャラにしては衝撃的!でした。


その年の福をもたらしてくれる神様のお見えの方角の事を恵方と言います。
尾張の甚目寺観音、笠寺観音、龍泉寺観音、荒子観音の取り決めで、
名古屋城を起点としてその年の恵方に近い観音様が恵方観音となります。
笠寺観音は方角の関係で甚目寺観音の前後に恵方観音となるため
頻繁に恵方となりますが、それ以外の3つの観音様は5年1回の恵方です。
今回、甚目寺で5年に1回のご利益を授かって、
今年良い年になるよう厄除け商売繁盛を願ってまいりました。

御祈祷を受けると、なぜか体が軽くなってシャッキっとして、
「これからも頑張ろう!」と言う気力が湧いてきます。

皆様も是非御祈祷を受けてみては如何でしょうか?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

万松寺納骨堂ではいつでもご見学いただけます。
見学予約、資料請求、その他お問い合わせは
以下のフリーダイヤルまでご連絡ください。
フリーダイヤル 0120-157-594

関連記事
01 27
2017

その他の情報

親子の想い

こんにちは、浦田です。
早いもので新しい年になり、1ヶ月が過ぎました。
皆さんは、どんなスタートになりましたか?

私は、いろいろな種類の占いをたくさん見ましたが、
どれも「今年は何十年に一度の運気の悪い年」と出ています。
占いは信じないのですが、年明けから裏付けるような出来事が
次々に起きて驚いています。
まだ残り11ヶ月もあるのに、これから何があるのかと
気分が落ち込むばかりです。

そんな私にも、嬉しくてほっこりすることがありました。
娘がバッグが欲しいけど、なかなか気に入るものが見つからないと、
あちこちの店を探しているようでした。
私はお気に入りの店があるのですが、自分のために何かを購入する
余裕もなく、さりげなく娘にそのお店の商品が条件に合いそうだと教えました。
その2日後、娘は「バッチリのバッグだった!」と喜んで、大きな紙袋を下げて
帰宅し、その中から1つ包み紙を差し出しました。
「誕生日もクリスマスもお正月もプレゼント無しだったから、私からプレゼントね」と。



ピンクが娘用で、黒が私用です。お揃いにしたかったらしいです。
年末年始のバイトで予想よりたくさんバイト代をもらって、年始からの私の状況を見ていて、
頑張っているご褒美にくれたらしいです。
子供だと思っていた娘がなんだか急に成長したように感じます。
親が子を思うのと同じで、子も親を想い行動を起こしてくれるものなんですね。

瑞雲閣に来るお客様を見ていても、お話を聞いても同じことが言えると思います。
子供に面倒をかけないようにしたいと納骨堂を見学され、申し込まれる親御さんも素敵です。
お母さんと手を繋ぎながら、ゆっくり歩調を合わせながらお参りにくる子供さんも素敵です。



お墓や供養の話題は、親子で話しにくいことかもしれません。
でも、お互いが元気で相手に想いを伝えられるときに
しっかりと決めておけば安心ですよね。

私たちスッタフも少しでも、お役に立ちたいと考えています。
是非お気軽にご相談ください。
親御さんとお子さんの橋渡しができるように頑張ります。

ご見学の予約、お問い合わせはフリーダイヤルでお願いいたします。

フリーダイヤル 0120-157-594

関連記事
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top