Q&A

HOME
01 20
2017

その他の情報

新年会

こんにちは、奥川です。

寒い日が続いていますが、皆さま体調を崩されたりされていないでしょうか?



私は最近、友人にもらった湯たんぽを寝るときに使っています。
布団の中全体があたたかくなり、暖房をつけなくてもぐっすり眠ることができました。

インフルエンザも流行ってきているようなので、体調管理には一層気を付けていきたいですね。


先日、萬松寺の新年会に美尚のスタッフもお招きいただきました。
美味しいお食事をいただいたり、普段お会いしない方ともお話したり…とても楽しい時間でした。


途中イベントコーナーとして「萬松寺クイズ」が行われました。

すぐにわかる易しい問題から
歴史の試験に出てきそうな超難問まで出題され、大変盛り上がりましたよ。

私は途中から全く分からなくなってしまい…勉強不足を痛感いたしました。

いくつか問題をご紹介しますので、皆さんも考えてみてください。


【第1問】
萬松寺の正式な寺号は何でしょう?


【第2問】
萬松寺は徳川家康が9歳まで証人(人質)として過ごした地でもあります。
萬松寺に引き渡されたのは何歳のときでしょう?


【第3問】
萬松寺の本堂壁面で毎日上演されている「からくり人形『信長』」。
制作者は誰でしょう?


皆さんわかりましたか?
正解は「続きを読む」から見られますので、是非考えてみてくださいね。


寒い日も暖かく快適にお参りしていただける
萬松寺 納骨堂はいつでもご見学を承っております。
年末年始の賑わいも落ち着きましたので、ゆっくりご見学いただけますよ。

ご供養についてのご質問、ご相談もお気軽にお問合せ下さい。
スタッフ一同お待ちしております。

フリーダイヤル⇒0120-157-594
関連記事
スポンサーサイト
01 14
2017

その他の情報

こんにちは。寺村です。

昨日から天気予報やニュースでも
取り上げられていましたが、
雪となりましたね。

万松寺の今の様子です。


夜にかけて、雪が強まる予報ですので、
お出かけの際はお気をつけください。


お電話での資料請求も受付けております。
お気軽にお問合せ下さい。
  0120-157-594
関連記事
01 13
2017

その他の情報

思いをカタチに

こんにちは 池田です。

この2、3日は本当に寒いですね。
「冬将軍」 「この冬一番の寒さ」 「最強寒波」 「ホワイトアウト」…
テレビの天気予報から聞こえてくる こんな言葉を聞くだけで
外出するのは、はばかられます。
ブログ1
これから雪も舞うとのこと。
雪が降る時のシンとした時間を過ごすことは楽しみですが
体を冷やさないように、暖かくしてお過ごしください。

さて 先日の新聞にこんな記事が載っていました。
シニア(60~70歳代)の73.6%が、「終活」を前向きに考えていると…

最近メディアにも良く話題に上がる 「終活」 ですが、
漠然とした語感から、イメージがつきかねる方も、たくさんいいらっしゃると思います。
一言で表すならば、「人生の終わりを、自分の考えやその時のシチュエーションで
準備し、決めて行く為の活動」 でしょうか。

そしてその方法として

「医療・介護の方法を決める」
「財産や形見の整理」
「遺言状の作成」
「葬儀とお墓の希望を決める」
「人生を振り返り、不用品を処分する」

と、振り分けると5つの項目があります。

それらを自分で整理していくのは、自分の事なのにとても大変な作業になります。
そのためつい、まだまだ元気だから と後回しにしたり
自分の事は自分が一番良く知っているし
自分に近い人も、当然分かっていてくれるはず と思いがちです。
実際には、充分に伝わっていなかったりもします。

それでも 「もしも」 の時は突然やってきます。
自分の伝えたかった事を、確実に自分らしく正当に
大切な御家族や友人に伝える為には。

思いをカタチにする為には。

「エンディングノート」を活用してみて下さい。

ブログ2

ノートに記されたナビに従って記入していくだけで
ご自身の姿が浮かび上がってきます。
面倒になったらそこでストップして、書きたくなったらまた始めて。
そんな事を繰り返して、その時々で違った思いで書き入れていけば
とても彩づいたノートに仕上がるのではないでしょうか。
ご家族にとってもかけがえのない物になるはずです。

新聞記事の最後に、「子に配慮 親の愛」 と ありました。
親世代が、近しい家族の介護を経験した後に
自分の事で子供には、自分と同じ思いをさせたくないと切に願うから
その思いこそが、「終活」に繋がっていくんだと。

瑞雲閣ではエンディングノートの販売も行っております。
初めての方も、スムーズに書いて頂ける内容になっております。
もちろんお墓についての項目も載っておりますので
お気軽にお問い合わせ下さい。

ブログ4

そして、エンディングノートを記入するにあたって、納骨堂のご見学もぜひご予定に入れて下さい。

スタッフ一同、お待ちしております。

フリーダイヤル0120-157-594
関連記事
01 07
2017

その他の情報

初稲荷大祭

こんにちは、若林です。
2017年も7日目になりました。
皆様はどのように新年を迎えられましたでしょうか。
ご家族でのんびり迎えられた方や
ご友人同士で迎えられた方、さまざまな方がいらっしゃると思います。

私は愛知に引っ越してきて3年ほどになりますが、
初めて元日に熱田神宮に行って参りました。
深夜2時頃に行ったのでとても寒く、
夜通しやっている屋台の豚汁がとてもおいしそうでした。
初詣を済ませた後に引いたおみくじは「半吉」でしたよ。
皆様はどうでしたか?

万松寺もたくさんのお客様で賑わっていました。
5日には白雪稲荷の商売繁盛、事業繁栄、五穀豊穣などを願う
「初稲荷大祭」が行われ、私達スタッフもご祈祷して頂きました。





ご祈祷の後は美味しい稲荷寿司とお茶を頂きました。



破魔矢、御札、御供物も頂きましたよ。



早速、会社に飾りたいと思います。
今年も一年、白雪稲荷の御利益を受け、たくさんの福が訪れますように。

万松寺納骨堂では365日いつでもご見学いただくことができます。
大須にお立ち寄りの際は是非お越しください。
ご供養についてのご不明なことがある方や、
これからのご供養をお考えの方も是非一度ご相談くださいね。

フリーダイヤル 0120-157-594







関連記事
01 01
2017

その他の情報

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
新しい一年がスタートしました。
気持ちも新たに、いろいろなことに
前向きに、取り組んでいきたいですね!

万松寺では1月1日・2日と本堂にて
「正月初詣開運祈祷会」が行われています。

元日はお天気も良く、暖かい日になったので
たくさんの方々が参加されていました。
当日の受付でも御祈祷していただけます。
(午前十時~午後四時 ※最終受付午後三時半)

今年も瑞雲閣スタッフ一同
皆様のお手伝いが出来るようがんばります!

よろしくお願いいたします。

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
お待ちしています。

フリーダイヤル 0120-157-594
関連記事
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top