Q&A

HOME   >>  その他の情報  >>  福豆
01 29
2016

その他の情報

福豆

こんにちは。中田です。

今週は最強寒波の影響で名古屋でも雪が降り、真冬の寒さを実感しましたね。

1月24日日曜日に堀川沿いを歩いていたら、桜が咲いていました。
四季桜(違うかな?)とは言え、こんな寒い日にけなげに咲いているのを見たら、
寒さに負けず頑張ろうっと思いました。

IMG_1531.jpg


ついこの間、お正月を迎えたばかりなのに・・・もう節分ですね。

万松寺でも2月3日に節分会(正午~午後5時)が行われます。

節分は平安時代の宮中で大晦日に陰陽師らによって行われた
旧年の厄や災難を祓い清める行事から、室町時代以降に豆をまいて
悪鬼を追い出す行事へと発展し民間に定着していき、現在でも
邪気を追い払う行事として全国で行われています。

豆をまく理由には2つの説があります。

1)穀物には魔除けの力がある。
2)語呂合わせ。鬼(魔物・邪気)に豆を投げて滅する。(魔滅)
        鬼(魔物・邪気)の目に豆を投げる。 (魔目)

一般的には煎った大豆ですが、
地域によっては落花生やうぐいす豆、ピスタチオにアーモンドなど
投げる豆はいろいろだそうです。どれも美味しそう。

豆以外に「お菓子」「お金」を投げるのは愛知県の一部で始まった
そうです。(実は私の子供の頃、豆とお菓子投げてました・・・)

「鬼は~外!」「福は~内!」と豆を投げ、邪気を払った後は、
福を入れるために年の数だけ豆を食べ、
1年健康に明るく過ごせるように祈願するのです。

万松寺のお守り売り場に「福豆」がおいてあります。

IMG_1528.jpg


大須商店街にお越しの際は、
万松寺にご参拝頂き、お守り売り場を覗いてみてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top