Q&A

HOME   >>  その他の情報  >>  梅雨
06 09
2016

その他の情報

梅雨

こんにちは、若林です。

東海地方も梅雨入りしましたね。
すっきりしないお天気の毎日が続きますが、
皆様はいかがお過ごしですか?
私は雨が好きですが、やはり洗濯物がなかなか乾かなかったり、
カビが発生しやすくなるのは嫌ですよね。

そんなときに作るものと言えば、てるてる坊主!



私も子供の頃、遠足の前日などに作っていました。
皆様はそんなてるてる坊主の由来を知っていますか?

てるてる坊主はもともと平安時代に中国から伝わったものと言われています。
ホウキを持った女の子を模した紙人形で、
「雨雲を箒ではらってくれる」という意味があるそうです。
元々は女の子だったのに、なぜ『坊主』になってしまったのかと言うと、
女の子よりも僧侶の方が晴れにする効力が強いので、
いつしか女の子ではなく、お坊さんを模るようになったそうです。

そして、てるてる坊主を作るときなのですが、
左目は描いてはいけないそうです。
達磨のように、ちゃんと晴れたら左目を描いてあげる 
というのが正しいてるてる坊主なのだとか。

皆様もお出掛けの前日などに是非作ってみてください。
もし願いが叶わず晴れなくても
万松寺納骨堂は雨の日でも濡れずにお参り頂けます。
随時ご見学も承っておりますので、お気軽にお電話ください。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 瑞雲閣では、5壇型(お二人用)のご案内をしています。
 見学や資料の送付をご希望の際は以下のフリーダイヤルまで
 お気軽にご連絡ください。

 フリーダイヤル 0120-157-594   

※ご質問なども受け付けております。

 ご連絡お待ちしております。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
















関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top