Q&A

HOME   >>  その他の情報  >>  熱中症
06 24
2016

その他の情報

熱中症

こんにちは、奥川です。

毎日蒸し暑いですね。
最近、名古屋では気温30℃に到達する日も増えてきて
すっかり夏らしくなってきました。
皆様体調を崩されたりされていないでしょうか?

私は暑がりなので、昔から夏はあまり得意ではありませんが…。
でも、夏は花火や海水浴など
楽しいイベントも目白押しの季節ですよね。


image1_20160623180544372.jpg


そんな夏を楽しむためにも、気をつけたいのが熱中症です。

私が子供の頃は「日射病」という言葉をよく使っていた気がするのですが
いつしか「熱中症」と言うようになりました。

他にも、「熱射病」や「熱疲労」という言葉もよく聞きますよね。
この違いは何なのでしょうか?少し調べてみました。


まず、「日射病」。
強い直射日光に長時間当たることによって発生する病気です。
大量の汗をかいて脱水症状になり
生命に危険を及ぼすこともあります。

次に「熱射病」。
これは屋外・屋内を問わず、高温多湿な環境下に
長時間にいることで引き起こされます。
体温調節機能が壊れてしまい、汗が出ず高体温になります。

そして「熱中症」は、
こういった高温や多湿の環境下で起こる症状の総称なのだそうです。

また、「熱疲労」は熱中症の症状のひとつで
その他に「熱けいれん」、「熱失神」などがあります。


調べてみると意外と細かく分類されていますが
その予防方法は基本的に同じです。


◎こまめな水分、塩分補給
普通のお水よりもスポーツドリンクや経口補水液が有効です。

◎直射日光下に長時間いることは避ける
10時〜16時が特に危険だそうです。

◎我慢せず、扇風機やエアコンなどをつける
エコや節約も大切ですが、我慢しすぎると熱中症になるおそれがあります。


もうすぐ夏休みも始まります。
せっかくの行楽シーズン、しっかり対策をして
万全の体調で楽しみたいですね。


万松寺の納骨堂は室内ですので暑い季節でも快適にお参りできます。
瑞雲閣では引き続き5壇型(お二人様用)のご案内をしております。
ご見学もいつでも承っておりますので、お気軽にお越しください。

またご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル → 0120-157-594
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top