Q&A

HOME   >>  その他の情報  >>  春待ち時
10 07
2016

その他の情報

春待ち時

こんにちは 池田です。

10月になりましたが、あのカラッとした秋の気配は
なかなか感じられませんね。
いつもの10月ってどんなだっただろう?
と ふと考えてしまいます。


さて、少し前から万松寺 本堂の1Fのエレベーター横に
来春完成する新しい納骨堂のパネルが設置されています。
現在建て替え工事が行われている
地上5F、地下2F建ての諸堂の地下に作られる納骨堂です。

その中に今までは無かった「自動搬送式」といった
形式のものができる事になりました。




万松寺 納骨堂に、又一つ新しい選択肢が加わる事になります。

新しく出来る諸堂は、耐震も兼ね備えたビル型ですが
そう言えばと、工事の始まる前の万松寺の風景を思い出してみました。

私は小さな頃から母に自転車で連れられて
良く大須に遊びに来ていました。
遊びに来ると必ず寄る喫茶店や、お好み焼き屋さん。
お土産に買ってもらえる可愛い雑貨や天津甘栗。

万松寺の境内にも立ち寄り、何やら必死にお参りをしていました。
あの頃はお稲荷さんの顔も直視できず、
あの赤い大きな提灯が、実際よりもずっとずっと
赤く大きく見えていたので、ただひたすらお参りをしていた様に思います。


そんな私も今では、参道入り口で出迎えてくれるお稲荷さんに
毎朝「おはようございます。」と挨拶をして出勤しています。
来春の諸堂の完成とともに、みんな所定の場所へと
戻られていくのでしょうか。


なかなか訪れない秋も、寒くて長い冬も飛び越して
次の春が今から待ち遠しく感じます。

新諸堂地下にできる新しい形の納骨堂。
ご案内ができる様になるまで、今しばらくお待ちください。

瑞雲閣も人気の区画が残り少なくなって参りました。
ご見学も随時承っておりますので
下記フリーダイヤルまでお気軽にお問合せ下さいませ。

お待ちしております。

フリーダイヤル0120-157-594
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top