Q&A

HOME   >>  その他の情報  >>  親子の想い
01 27
2017

その他の情報

親子の想い

こんにちは、浦田です。
早いもので新しい年になり、1ヶ月が過ぎました。
皆さんは、どんなスタートになりましたか?

私は、いろいろな種類の占いをたくさん見ましたが、
どれも「今年は何十年に一度の運気の悪い年」と出ています。
占いは信じないのですが、年明けから裏付けるような出来事が
次々に起きて驚いています。
まだ残り11ヶ月もあるのに、これから何があるのかと
気分が落ち込むばかりです。

そんな私にも、嬉しくてほっこりすることがありました。
娘がバッグが欲しいけど、なかなか気に入るものが見つからないと、
あちこちの店を探しているようでした。
私はお気に入りの店があるのですが、自分のために何かを購入する
余裕もなく、さりげなく娘にそのお店の商品が条件に合いそうだと教えました。
その2日後、娘は「バッチリのバッグだった!」と喜んで、大きな紙袋を下げて
帰宅し、その中から1つ包み紙を差し出しました。
「誕生日もクリスマスもお正月もプレゼント無しだったから、私からプレゼントね」と。



ピンクが娘用で、黒が私用です。お揃いにしたかったらしいです。
年末年始のバイトで予想よりたくさんバイト代をもらって、年始からの私の状況を見ていて、
頑張っているご褒美にくれたらしいです。
子供だと思っていた娘がなんだか急に成長したように感じます。
親が子を思うのと同じで、子も親を想い行動を起こしてくれるものなんですね。

瑞雲閣に来るお客様を見ていても、お話を聞いても同じことが言えると思います。
子供に面倒をかけないようにしたいと納骨堂を見学され、申し込まれる親御さんも素敵です。
お母さんと手を繋ぎながら、ゆっくり歩調を合わせながらお参りにくる子供さんも素敵です。



お墓や供養の話題は、親子で話しにくいことかもしれません。
でも、お互いが元気で相手に想いを伝えられるときに
しっかりと決めておけば安心ですよね。

私たちスッタフも少しでも、お役に立ちたいと考えています。
是非お気軽にご相談ください。
親御さんとお子さんの橋渡しができるように頑張ります。

ご見学の予約、お問い合わせはフリーダイヤルでお願いいたします。

フリーダイヤル 0120-157-594

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top