Q&A

HOME   >>  その他の情報  >>  節分
02 03
2017

その他の情報

節分

こんにちは。粟野です。

今日は節分ですね。万松寺でも節分会が行われます。

万松寺 節分
※2月2日撮影しました

私は昨年、万松寺で節分の祈祷を受けました。

お坊様が経典をパラパラとめくり最後に肩と頭にポンっと経典を
置いていただけます。この動作は「転読」と言いい、
大般若経を全巻読んだ事になるそうです。

この経典の風を受ければ、1年間病気にならないと
されるご利益もあるそうですよ。
そのためか、去年は風邪ひとつかかりませんでした。

そして、御祈祷の後に、豆まき。
「福はぁ~内」、「鬼はぁ~外」と豆をまきます。

万松寺 節分
万松寺 節分
万松寺 節分
※2月3日撮影しました。

節分の豆まきは、子供の頃の思い出と重なって
大人になってもなぜか心躍る楽しい行事ですね。


今年の恵方は北北西。
あま市の甚目寺が今年の恵方観音となります。
私の旦那様が前厄という事で、甚目寺の節分前夜祭に行って祈祷してまいりました。

甚目寺 節分 本堂
※鳳凰山甚目寺 本堂 です。

甚目寺 節分 あまゾネス
※あま市商工会議所公認キレキャラ ”あまゾネス” と遭遇。
 SM女王?ムチの代わりにあま市の特産”ねぎ”を持ってます。
 ゆるキャラにしては衝撃的!でした。


その年の福をもたらしてくれる神様のお見えの方角の事を恵方と言います。
尾張の甚目寺観音、笠寺観音、龍泉寺観音、荒子観音の取り決めで、
名古屋城を起点としてその年の恵方に近い観音様が恵方観音となります。
笠寺観音は方角の関係で甚目寺観音の前後に恵方観音となるため
頻繁に恵方となりますが、それ以外の3つの観音様は5年1回の恵方です。
今回、甚目寺で5年に1回のご利益を授かって、
今年良い年になるよう厄除け商売繁盛を願ってまいりました。

御祈祷を受けると、なぜか体が軽くなってシャッキっとして、
「これからも頑張ろう!」と言う気力が湧いてきます。

皆様も是非御祈祷を受けてみては如何でしょうか?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

万松寺納骨堂ではいつでもご見学いただけます。
見学予約、資料請求、その他お問い合わせは
以下のフリーダイヤルまでご連絡ください。
フリーダイヤル 0120-157-594

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top