Q&A

HOME   >>  その他の情報  >>  思い出すこと
08 17
2017

その他の情報

思い出すこと

こんにちは、浦田です。
お盆も終わり、子供さん達の夏休みも終盤になりましたね。
萬松寺も迎え火・送り火、お盆精霊供養に、たくさんの方々が
足を運んで下さいました。

やはり、お盆休みの方が多いためか、家族揃ってお参りする姿を
たくさん見かけました。
瑞雲閣のご本尊様もたくさんのお花やお供えに囲まれていて
とても華やかで賑やかな毎日でした。

今日8月17日は、亡くなった母の誕生日です。
もうすぐ十三回忌ですが、毎年この日は、母のことをたくさん思い出します。
命日ももちろん思い出しますが、誕生日はお祝いした思い出が、
あの年はあんなプレゼントをあげたな、あの年はあそこに食事に行ったな…
いろいろなことが溢れてきます。

テレビ等で活躍された永六輔さんが生前に残した言葉で、大事にしている言葉があります。

「人の死は一度だけではありません。最初の死は、医学的に死亡診断書を書かれたとき、
でも、死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続けている
最後の死は死者を覚えている人が誰もいなくなったとき そう僕は思っています」

永六輔さんは、それでも人は歳月の中で亡くなった人のことを忘れがちだから
ときどき誰かと故人の思い出話をしたりすることが供養の一つになる気がすると
言っていました。

お盆の期間に限らず、納骨堂にお参りに来る方々は、ずっと故人のことを
忘れず、大切に思っていることでしょう。
私の中でも、ずっとずっと母は一緒に生きているんだと思っています。

萬松寺納骨堂は、そんないろいろな想いを形にして、供養のできる場所です。
ご見学や供養のご相談もお気軽に、お声掛けしてください。

フリーダイヤル 0120-157-942



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

瑞雲閣スタッフ

Author:瑞雲閣スタッフ
名古屋大須の万松寺。
その本堂4階にある屋内納骨堂が瑞雲閣です。

ブログ内検索
ブログ記事から検索します。気になる単語などで検索してみてください。
QR

Page Top